chiwate

日本語教師のブログ。上海生活、中国株など。

RSS Feed

一時帰国、イオンの免税店で手続きする方法

      2018/12/01

海外在住者は、消費税が戻ってくるのでお得に買い物できます。

私はいま上海在住。先日、一時帰国してイオンで買い物したとき、免税手続きをすることができました。

免税カウンターでの手続きと対応をブログに残します。

 

スポンサーリンク

 

免税手続きができる日本人とは

「非居住者」の日本人が免税を申請できます。

 

非居住者とは

  1. 外国にある事務所(日本法人の海外支店等、現地法人、駐在員事務所及び国際機関を含む)に勤務する目的で出国し外国に滞在する者
  2. 2年以上外国に滞在する目的で出国し外国に滞在する者
  3. [1]及び[2]に掲げる者のほか、日本出国後、外国に2年以上滞在するに至った者
  4. [1]から[3]までに掲げる者で、事務連絡、休暇等のため一時帰国し、その滞在期間が6か月未満の者

出典:観光庁
http://www.mlit.go.jp/kankocho/tax-free/about.html

 

つまり、中国で仕事をしながら生活している私のような日本人は、日本で免税の恩恵を受けられるのです。

 



 

田舎のイオンでも免税対応

私のふるさとはけっこうな田舎です。

 

それなのに、地元のイオンに免税カウンターがあって対応してくれるんです。外国人観光客は来ないと思うんですけどね。

 

まあ、私のような海外在住者にはありがたいことです。

 

見落としているだけで、町のあちこちに免税店ができているのかもしれません。これから買い物するときは目ざとくTAX FREEの文字を見つけたいです。

 

⇒ イオン(公式サイト)
https://www.aeon.com/
http://www.aeon.info/

 

 

免税手続きの流れ

  1. 普通に買い物する
    イオンの店舗の中で普通に買い物します。
    この時点では消費税を支払います。
  2. 免税カウンターに行く
    「免税手続きをお願いしたいのですが」
    と言うと、すぐに対応してくれます。パスポートとレシートを渡しましょう。
  3. パスポートを返される
    ホチキスで書類がとめられています。
    この書類は空港の税関で渡します。
  4. 返金される
    消費税分の現金をその場で受け取りました。
  5. 金額を確認して書類にサイン。
  6. 商品を受け取る
    ビニールで包装された商品を受け取りました。
    この包装は出国するまで開封してはいけません。

 

※開封すると「OPENED」が表示されるビニール袋

イオン。免税商品の包装ビニール

 

 

注意事項が書かれています。
「日本を出国するまで、開封しないでください。なお、消費した場合には、消費税を徴収されます。」

イオン。免税の注意点

 

 

免税手続きに必要なもの

免税カウンターに行って、以下のものを店員に渡しました。

  • 買い物した時のレシート
    一日分のレシート全て。
  • パスポート
    海外に住んでいることを証明するためです。
    日本入国日の入国スタンプのページも見せます。
  • 免税したい商品
    包装されます。

 



 

イオンカードを持っているとお得

イオンカードはクレジット機能の付いたカードです。

 

私はVISAのイオンカード持っています。
オススメなのが、定期的に郵送されてくる割引クーポン。

 

これがかなりお得。

 

クーポンの種類によっても違いますが、例えば、食料品5%OFF、衣類10%OFFなど。

割引きの条件は、イオンカードでのお支払いです。

 

⇒ イオンカードセレクト(公式サイト)

 

免税手続きする人は、食料品だったら通常より13%も安く買えることになります。(食料品5%OFF、消費税8%)

 

家電やデジタル用品も割引対象ですが、私はamazonとの値段を比べてから買っています。

amazon(公式サイト)

 

 

免税できなかったもの

食料品のうち、チーズは免税対象外だと言われて返されました。

 

乳製品がダメなのかもしれませんね。

 

 

店員のサービス対応について

イオンの店員さんは、とても丁寧かつ迅速な対応でした。話し方、所作など、きちんと研修されている印象を受けました。

 

海外生活が長くなると、日本のサービスが本当にすばらしいことに感動します。

 

 

税関での手続き

空港でのチェックイン手続き。

 

今回イオンで買ったのはほとんと食料品だったので、スーツケースに入れて預け荷物としました。

 

チェックイン時に、
「免税品は預け荷物でいいんですか」
と聞いたら、
「大丈夫」
とのことでした。

 

出国手続き。

 

セキュリティ・チェックを抜けた後、出国スタンプをもらう前の地点で税関職員にパスポートを渡すと、免税の書類をパスポートから外されました。

 

商品は確認する場合としない場合があるみたいです。

 

以上、初めての免税手続きでしたが、とても簡単なものでした。

 

いままでiPhoneなど普通に買っていたことを後悔しています。これからは海外在住の強みを活かし、日本での買い物は免税手続きをしていこうと思います。

 

関連:上海で買うお土産、Kitsch China

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 中国お役立ち情報, 日本の人気商品 ,