chiwate

日本語教師のブログ。上海生活、中国株など。

RSS Feed

猪肚鶏、広州のオススメ鍋料理

      2017/01/27

中国の広東省には猪肚鶏という名の鍋料理があります。
今回、広州で食べて美味しかったのでブログでご紹介。

広州を観光旅行することがあれば、猪肚鶏をオススメします!

 

スポンサーリンク

 

猪肚鶏とは

広東省の鍋料理です。

鶏肉ベースの白濁したスープが絶品。
漢方なども入っているため体にも良いです。

猪肚zhuduとは、豚肉のホルモンのこと。
中国語の猪は豚、肚は腹を意味します。

鶏jiは鳥肉のことです。

 

お店の探し方

猪肚鶏に限らず、食べたい物、お店などはパソコンかスマホで検索するのが便利。

中国で使いやすい地図は高徳地図。スマホアプリもあります。
⇒ 高徳地図(公式サイト)

「猪肚鸡」で検索すればOK
口コミも書いてあるので参考になります。

 

注文の仕方

猪肚鶏のお店に入り、テーブルにつくとメニューを渡されます。
どこの店も紙一枚のメニューで、食べたい物にペンでチェックを入れるシステム。

選ぶものは以下。

  • 鍋のスープの種類
    迷ったら一番上に書かれているものでいいです。
    私のオススメは胡椒入りのスープ。
    さらに、鳩の鶏肉が入っているのも美味しいです。
    ※猪肚zhudu(豚肉のホルモン)は最初から鍋に入っています。
  • 鍋の大きさ
    人数に応じて、大中小を選びます。
    店員に聞けば教えてくれます。
  • 野菜、キノコなど
    野菜は本当にいろんな種類があり、選ぶのが大変。
    しかも、写真がありません。
    適当に選びました。

中国は基本的に何でも量が多いので、注文しすぎに注意です。足りないときは追加すればOK。野菜などであれば、すぐに持ってきてくれます。

 

猪肚鶏の食べ方

猪肚鶏は鍋料理なので、基本的に食べ方も自由です。

最初のスープを大切に!

猪肚鶏は最初のスープが特に美味しい。
なので、鍋が運ばれてきて、それが沸騰したらまずスープを少し飲んで見ましょう。

私はその一口で感動しました。
その後、野菜を入れるとスープが薄くなったり味が変わってきたりします。

最後はおじや

最後にご飯を注文すれば、おじやを作れます。

ただし、中国人はやらないので、見られたら驚かれるかもしれませんね。
気にせずやっちゃいましょう。

火力の調整は基本的に自分でやります。

 

スポンサーリンク

 

猪肚鶏をオススメする理由

猪肚鶏は広東省に行ったら必ず食べます。
日本人の口にも合うのでオススメです。

  • スープが美味しすぎる!
    白濁で胡椒が効いています。
  • 鶏肉の旨味がすごい!
    広東料理は、シメたばかりの鶏肉を使います。
    なので、新鮮で柔らかく濃厚な味。日本で食べる味とは違います。
  • 南国の野菜も楽しめる!
    新鮮で濃い緑色の野菜など、種類が豊富
  • 早い、美味い、安い!
    広州を観光すると、このような店にたくさん出会います。

 

広東省以外でも食べられる

実は、猪肚鶏は広東省以外でも食べられます。

北京や上海などの大都市はもちろんですが、その他の地方都市にもお店があります。

しかし、私はやはり広東省で食べることをオススメします。
理由は、上述のとおり鶏肉の美味しさにあります。

私は中国国内をいろいろ旅行していますが、鶏肉は広東省が一番美味しいです。

活きたままの鶏の流通を規制している都市もあるので、そういう都市のお店はどうしても味が落ちます。

 

猪肚鶏の画像

猪肚鸡のお店の看板。

猪肚鶏のお店入口と看板

 

鍋の種類を注文すると、すぐに運ばれてくる

猪肚鶏

猪肚鶏

猪肚鶏に入れるパクチー

猪肚鶏に入れるえのき茸

猪肚鶏

最後の方に残ったスープも美味しい。
これにご飯を入れてもよいです。

以上、広州のグルメ記事でした。
みなさん、よい旅を。

 

⇒ 中国広州で雰囲気のいいオススメSTARBUCKSは沙面

 

スポンサーリンク

 

関連コンテンツ

 - グルメ(美食), 広東省 , , ,