chiwate

日本語教師のブログ。上海生活、中国株など。

RSS Feed

中国のスマホ、月額料金を格安8元で契約した話

      2018/11/20

上海で生活しています。

みなさんは中国のスマホの月額料金がいくらか、知っていますか?

これ、周りの中国人に聞いてみたら人によって全然違いました。

多かったのは、50元(約800円)前後

今回のブログ記事は、中国の大学の近くに住んでいる人にとって、お得な情報になるかもしれません

スポンサーリンク

 

以前のスマホ月額料金

私はもともと、月額36元(約600円)のプランを使っていました。
大手キャリアで、毎月無料通話100分(中国国内)、通信量1GBという契約内容。

 

ちなみに、中国にも格安スマホ(SIM)の会社があります。
正式名は、仮想移動体通信事業者(MVNO)といいます。

 

その中で有名なのは蝸牛移動で、月額約10元の基本料金で通話とネットができます。

 

大手キャリアと比べて、安いですねー。
中国全土で、7千万件の契約があるそうです。

 

でも、大手に比べて信用がない、通話・ネット回線の質がよくないという理由で契約数は頭打ち。
結局、大多数の中国人は大手キャリアでスマホを使っています。

 

 

スマホ月額料金が8元になった理由

正確には毎月8.3元(約137円)です。
私のスマホ月額料金、なぜこんなに安くなったのか?

 

私はいま中国の大学で講師をしています。
中国の大学は、9月が新学期の始まり。

 

このとき、複数の携帯会社(移動、聯通)が校内でキャンペーンを行います。
新入生の取り込み合戦ですね。

 

(どれだけ安いのかな?)
と興味が出て、店員にキャンペーンの内容を聞いてみました。

 

結果、安すぎて驚く…

  • 100元:1年間の使用
  • 200元:2年間
  • 300元:3年間
  • 400元:4年間

 

つまり、1ヶ月8.3元(137円)で大手キャリアが使えることになります。
なぜこんなに安いのでしょう。

 

 

いくらお得になるのか

1ヶ月8.3元(137円)でスマホが使えることを知り、すぐに4年契約を決めました。

 

例えば、普通の契約の月36元で4年間使うと1728元です。
でも、このキャンペーンで契約すれば、4年間で400元。

 

1728 - 400 = 1328
4年間で1328元(約2万2千円)の通信費が節約できます。

 

スマホなどの継続的な支出は、安ければ安いほど良いです。
長期間で大きな差が出ます。

 

 

格安月額料金、契約の条件

店員に教えてもらった契約の条件。

  • キャンペーン期間中であること
    9月下旬まで(たぶん大学によって違う)
  • 料金前払い
    私は4年契約で400元払いました
  • 身分の条件:特になし
    学生や教員じゃなくてもよい。外国人OK
  • 国内通話:120分間無料
  • 通信量:毎月1GB無料
  • 国内SMS:毎月50メール無料
  • 契約期間経過後:月額料金36元になる。

 

契約のとき、
(新入生じゃないし中国人でもないけど、いいのかな)
と思いましたが、店員は私の身分を全く気にせず、事務的に契約手続きをしてくれました。

 

つまり、キャンペーン期間中に大学内で契約すれば、誰でも月額料金格安の恩恵を受けられます。

 

ちなみに、契約に必要なものはパスポート原本とお金だけです。

支払いは、アリペイでもOK。

⇒ 支付宝(アリペイ)の使い方まとめ

 

 

契約時の注意点

外国人は一つのパスポートで一つの携帯番号しか持てません。

 

ネット上のシステムで管理されているので契約の時にわかります。
中国も厳しくなりましたね。

 

というわけで、この格安キャンペーンを申し込む場合、事前に使用中の携帯電話番号を解約する必要があります。

 

携帯番号の解約手続きができる営業所は、大学内にあったりなかったり。大学によって異なります。

 

私は、わざわざ大学の外の営業所に行き、当時使っていた番号を解約。
その後、もう一度大学に戻って新番号を契約しました。

解約手続き自体は簡単で、5分で終わりました。

 

無事に新番号をゲットした後も、やることがあります。

 

まず、アリペイ、タオバオなど普段使っているアプリ内の携帯番号の変更です。これは、スマホ内で完結できます。

 

面倒なのは、銀行です。

 

わざわざ近所の支店に行き
「携帯番号変えたので、手続きお願い」
と伝えて窓口でやってもらいました。

 

中国語できない人は、ちょっと苦労するかもしれません。

 

今回私は、4年間分のスマホ料金を前払いしましたが、今後4年間中国にいるかどうかはわかりません。

 

でも、中国とは一生の付き合いになるので、できれば携帯も解約せずに持ち続けたいです。

 

関連:中国のVPN規制がさらに強化されるので対策を

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 中国お役立ち情報 , , ,