chiwate

日本語教師のブログ。上海生活、中国株など。

RSS Feed

滴滴出行、中国語はどの程度が必要か?

      2018/05/13

中国のタクシー配車アプリ「滴滴出行」をよく使っています。

タクシー運転手との中国語の必要性について、ブログに書きたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

滴滴出行とは

滴滴出行は、中国の人気No.1のタクシー配車アプリ。
というか、独占状態。

SoftBankやAppleも出資しており、今後も注目度が高い企業です。

 

滴滴出行の読み方

  • Didi Chuxing
  • ディーディー・チューシン
    中国人には、「ディーディー」「ディーディー・タクシー」と言っても通じます。

 

滴滴出行を使うにはスマホが必要。
専用アプリの他、支付宝、Wechatの中にも標準で入っています。

⇒ 支付宝(アリペイ)の使い方まとめ

 

 

使い方もシンプルで分かりやすいです。

  1. スマホで目的地を指定し、タクシーを呼ぶ。
  2. 運転手の名前、車の色・ナンバーがスマホ画面に出る。
  3. そのタクシーが来たら乗る。
  4. 目的地に到着後、支払いもスマホで。

⇒ 滴滴出行(公式サイト)

 

 

滴滴出行の利用に中国語は必要か?

結論からいうと、必要です。

では、どの場面でどの程度のレベルの中国語が必要なのか?
以下で説明します。

 

スマホでタクシーを呼ぶ

必要なのは【中国語の読み】

 

滴滴出行でタクシーを呼ぶのは、スマホ画面上での操作のみ。

なので、中国語は地名が読めればOK。
目的地は漢字入力すれば予測変換されて出てきます。

 

 

タクシー運転手から電話が来る

必要なのは【中国語、日常会話レベル】

 

運転手が電話をかけてきます。
乗客の詳細な位置を知るためです。

 

一般的に以下のような会話が行われます。

「どこで待っているんですか」
「ホテルの前」
「もうすぐ着きます」
「はい、わかりました」

 

場所が複雑だったり、待ち合わせ場所に人が多かったりすると、より詳細な説明を中国語でする必要があります。

 

お互いスマホの画面上で同じ位置にいることが分かっているのに、会えないことがあるのです。

 

「いま手を高く挙げて振っている。私のこと見える?」

などと運転手に通話で話して見つけてもらったこともあります。

 

スポンサーリンク

 

 

タクシー乗車

必要なのは【中国語、簡単な会話】

 

タクシーに乗ると、運転手が
「~までですよね?」
と確認してきます。

目的地の名称を中国語で聞き取れればよいです。

 

しかし、実際は曖昧な返事をしたり無視したりしても問題ないと思います。

スマホで事前に指定した場所に運転手は行ってくれます。

 

 

目的地へ到着

【中国語、時々必要】

 

目的地に近くなると、停車場所の質問をしてくる運転手がけっこういます。

 

例えば以下のようなもの。

  • 「ここでいい?」
  • 「あの信号過ぎてから停まりますか?」
  • 「あそこで転回してから停まりましょうか?」
  • 「ここは停車禁止なのでもう少し前で停まりますよ」

たいして重要ではないので、適当に返事しても大丈夫です。

 

 

支払い

【中国語、必要なし】

 

滴滴出行の支払いに中国語の会話は必要ありません。

以下の要領です。

  1. タクシーが目的地に到着して完全に停車
  2. スマホアプリ内で料金を確認
  3. 画面上の確定をタップして支払う

タクシーを降りる前に、料金を確認して車内で支払うのがオススメ。
トラブル回避のためです。

 

以上、滴滴出行と中国語の必要性についての記事でした。

 

関連:浦東空港から上海市内へタクシーで行く。距離と料金の目安

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 中国お役立ち情報 ,