chiwate

日本語教師のブログ。旅行、生活、中国株など。

RSS Feed

上海野生動物園の情報まとめ

      2018/07/02

上海で生活しています。
先日、上海野生動物園に行ってきたので、ブログに情報をまとめます。

行き方、入場料、地図、パンダの写真などもあるので、これから観光する人の参考になると思います。

 

スポンサーリンク

 

上海野生動物園とは

上海野生動物園は、上海市人民政府と中国国家林業局が共同して建設した動物園です。

  • 中国語名:上海野生动物园
  • 英語名:Shanghai Wild Animal Park
  • オープン:1995年11月18日
  • 住所:上海浦东南汇区南六公路178号
  • 電話番号:021-58036000
  • 開園時間:8:30-16:30 (17:00)
  • 標準滞在時間:3時間~6時間

 

⇒ 上海野生動物園(公式サイト)
※【音注意】音楽が勝手に流れる場合あり
http://www.shwzoo.com/

 

 

行き方

上海野生動物園への行き方について。
アクセスは良くも悪くもないです。

 

地下鉄16号線「野生動物園」駅で下車、西一門(入場券売り場)まで徒歩30分。

でも、歩かないほうがいいです。
オススメは、地下鉄を降りてから市バス。

市バス「惠南6路」に乗り、2つ目のバス停「上海野生动物园」で降りる。1元。

 

【中国語】地铁16号线「野生动物园」站

 

上海浦東空港からは、タクシーで25分。
虹橋空港からは、タクシーなら50分。地下鉄なら1時間50分。

 

地下鉄「野生動物園」駅の画像

駅構内にはFamilyMart(中国語:全家)があるので、軽食や飲み物を買っていくといいです。

上海野生動物園駅にあるFamilyMart

 

2号口から出て、市バス「惠南6路」に乗る。

上海野生動物園、地下鉄駅

 

バス停の様子

上海野生動物園駅前のバス停

 

2つ目のバス停で降りる。
お釣りは出ないので、小銭を持っていきましょう。

バス時刻表

 

 

入場料

上海野生動物園の入場料(入園料)は、中国の物価で考えれば高いです。
チケット売り場は入園口に向かって右側、ちょっと離れています。

  • 大人:130元(2210円)
    ※1元=17円
  • 学生:半額(学生証が必要)
  • 幼児:無料(6歳未満)
  • 子供:無料(身長130センチ未満)
  • 障害者:無料
  • 高齢者:割引(60歳~64歳)、半額(65歳以上)

 

入場チケットは種類が多いです。
(入場券のみ、食事とセット、遊覧バスとセットなど)
私は入場券のみ買いました。

 

事前にネットで買うと、少し安く買えるのでお得。
私はスマホで買い、電子チケットで入園しました。

 

Qunarのサイトで「上海野生动物园」を検索してみましょう。
http://piao.qunar.com/

例えば、上海野生动物园成人票は119元なので、11元割引。

 

淘宝網で検索すると、109元のチケットもあります。
曜日によっては99元のもあります。

 

ただ、ネットでの購入だと、アリペイやWeChatペイで支払うことになります。

⇒ 支付宝(アリペイ)の使い方まとめ

 

9月には、通常の半額で入園できる期間があります。
ものすごく混雑するのでオススメはしません。

 

 

動物園内の歩き方

効率的なルート

上海野生動物園は広いので、マップを見ながら効率的に歩くことをオススメします。

私は西一門(正門)から入って南に歩き始め、反時計回りに進みました。
これでスムーズに見られました。

 

滞在時間

私が滞在していた時間は、午前9時45分から午後1時45分の間。
所要時間は4時間でした。

  • 園内は全て徒歩でゆっくり移動。
  • 動物ショーは見ていない。
  • お昼は野外休憩スペースで30分間。
  • 最後にサファリバスに乗りました。無料、約10分。

 

施設の利便性

園内にはトイレも各所にあるので安心です。
きれいでも汚くもない感じです。

上海野生動物園のトイレ

 

日本語の表示もあり、便利。

日本語の表示

 

休憩スペースも数箇所あるのが嬉しい。

上海野生動物園の休憩スペース

 

食事はファーストフード、面、ご飯など。
レストランもあります。

でも、混んでいるので自分で持っていったほうがいいです。

 

 

混雑しているか

私が行ったのは平日の木曜日。

午前10時前、入場ゲートは混んでいました。
でも、電子チケットなので、列はどんどん進みます。
10分ならんで入れました。

上海野生動物園の入口

 

大型観光バスがたくさん来ていましたね。

上海野生動物園の入口、観光バス

 

園内は、混んでいる場所が半分、混んでいない場所が半分、という印象。週末や祝祭日だと全体的に混むと思います。

 

客層は、家族連れが一番多く、幼稚園の遠足、高齢者、カップルの順に続きます。

 

スポンサーリンク

 

 

地図JPG、PDF

上海野生動物園の地図(PDF)をダウンロードできるようにしたのでどうぞ。

⇒ 上海野生動物園の地図(PDF)

 

門を入ってすぐのところに地図が置いてありました。
ただ、日本語のマップはありません。

ショーの時間を記した冊子もあります。

⇒ 動物ショーの時間1(PDF)

⇒ 動物ショーの時間2(PDF)

 

 

食事、休憩

食事の持ち込みについて。

弁当など、持ち歩くことは禁止されているようです。
でも、入園の時にバッグの中などはチェックされません。

 

私はパンとおにぎりと水を持って行きましたが、正解でした。

園内には椅子とテーブルが設置された休憩スペースがあるので、そこでお昼を食べることをオススメします。

食堂は高いですし、うるさくて環境がよくないです。

 

自動販売機では、お菓子やジュース、水が買えます。

ミネラルウォーターは7元。
市内の倍の値段なので持っていったほうがいいです。

上海野生動物園の自動販売機

ジュースの自動販売機

 

 

楽しかった思い出

園内の南側半分は人も少なく、公園を散歩しているようで快適。

シマウマとキリンの目がやさしかった。

 

 

残念だった思い出

一番は、元気すぎる人間と、元気の無さすぎる動物の対比が顕著すぎて切なくなったことです。

  • チンパンジーの表情が切ない
  • パンダが意外と遠かったし、動かない
  • 休憩スペースの近くにトイレや水道がない
  • 園内の北側半分は超混雑していてストレスを感じた

可哀想なチンパンジー

 

 

パンダの画像

上海野生動物園にはパンダもいます。

中国本場のパンダを見ようと、「小熊猫区」へ行ってみました。
4箇所くらいに別れていて、それぞれ1頭から2頭いました。

全部で7頭くらい見ました。

 

パンダの画像をアップします。

 

13歳の雄パンダ。遊び場ですが、全く動きません。

上海野生動物園のパンダ

上海野生動物園のパンダ遊び場

 

ここは室内。空いています。

11歳の雌パンダ、チェンチェンは背中を向けて寝ています。

上海野生動物園のパンダ、背中

上海野生動物園のパンダと笹の葉

 

上海野生動物園の動かないパンダ

こちらを見るパンダ

ちょっとだけ動くパンダ

上海野生動物園のパンダ親子

上海野生動物園のパンダ親子が寝ている

 

空いているので、自由に写真を撮り、何時間でも見ていられます。

上海野生動物園のパンダを見る観光客

 

パンダ人気は、中国より日本のほうが上だと思います。

 

私はぼんやりとパンダを見たり写真を撮ったりしていました。

中国人客の団体は、勢いよく入ってくるのですが、パンダが動かないのを確認するとすぐに出ていきます。

 

なので、パンダのいる「小熊猫区」は予想に反して混んでいませんでした。

立ち止まって見ることができない上野動物園とはかなり違います。

 

中国人に
「なぜ日本ではあんなにパンダが人気なんですか」
とよく聞かれます。

私もよくわかりません。なぜでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

 

動物の画像

上海野生動物園の園内の様子と動物の画像をアップします。

デジタル一眼レフカメラで撮ったものです。
でも、他の客はスマホのカメラで撮っている人がほとんどでした。

 

上海野生動物園の記念硬貨(自動販売機)

白い鳩

上海野生動物園の園内

 

電動カートに乗るには30元

上海野生動物園の園内バス

フラミンゴ

上海野生動物園のフェレット

フェレット

アリクイ

ワニ

 

子供の遊び場。他にも遊園地っぽい地区もある。

 

東北虎

東北虎

猿の赤ちゃん

虎の赤ちゃん

上海野生動物園のライオン

 

ラーメン屋「上野面館」は客が少ない

 

レストランは混んでいます。

 

遊園地みたいな地区

上海野生動物園の混雑

 

マントヒヒを見る中国人観光客

マントヒヒを見る観光客

優しい目をしたシマウマ

 

なぜかカバが大人気。

キリン

カンガルー

 

ここからバスに乗り、猛獣区に入ります。無料です。

 

バスの中はとても賑やか。外の動物たちは静かです。
右側、左側のどちらが多く見られるかは微妙です。五分五分。

熊

狼

 

チケットを買えば、特別なバスに乗り、餌付けができます。

 

この自転車に乗るのもお金が必要。
見た感じ、乗るより歩いたほうが楽です。

 

コカ・コーラのレストラン。

 

ハンバーガー屋さん

 

幼稚園児たちの遠足

フラミンゴ

 

入口を入ってすぐの所。天気に恵まれました。

 

入口。右奥の方にチケット売り場

 

道路を渡ると帰りのバス停があります。

恵南6路に乗る。
2つ目のバス停が地下鉄「野生動物園」駅

 

 

以上、上海野生動物園の情報まとめでした。

「もう一度行きたいか?」
と聞かれたら
「一度で十分」
という感じの動物園でしたね。

 

関連:上海の空気、PM2.5濃度を調べる方法

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 上海