chiwate

日本語教師のブログ。旅行、生活、中国株など。

RSS Feed

中国のマスクを買って使用したら、ガッカリした理由

      2017/02/03

中国の冬。PM2.5の季節。
中国でマスクを買ってみました。
使用感などを書きます。

【中国語】
マスク:口罩kǒuzhào
マスクをつける/する:戴dai口罩

 

スポンサーリンク

 

なぜ、中国でマスクを買う?

「なんでわざわざ中国でマスク買うの?」
と疑問に思う方もいるでしょう。

「日本から持参したマスクがなくなってきたから」です。
うかつでした。

でも、中国のマスクってどんなものか、好奇心を刺激されたのも事実。
ネットで調べたら安いし、買っちゃうことにしたのです。

 

タオバオでマスク購入

淘宝(タオバオ)で調べ、PM2.5対応のマスクを買うことにしました。

⇒ タオバオ(公式サイト)

  • 箱に日本語の文字。
  • 14.5元(1元=17円)
  • 使い捨て
  • 50枚入り
    白25枚、黒25枚
  • 活性炭使用

タオバオでマスクを買う

 

中国のマスク、画像

2日くらいで届きました。中国の宅配便は優秀。
しかし、改めて箱を見て気づきました。

  • PM2.5対応と書いていない
  • 日本のメーカーではない

中国で買った使い捨てマスク

img_1320

img_1321

img_1322

img_1323

img_1324

img_1325

img_1328

img_1329

 

予想していた製品とは異なり、品質の良くないものでした。
PM2.5を防ぐ効果もないでしょうね。
ガッカリ。

 

スポンサーリンク

 

使用後の感想

中国で買ったマスク、使ってみたのでレビューします。
日本のものと比べた感想です。

  • 大きすぎる
  • 硬い
  • 口周りが密閉されない
  • やや臭いがする。
    活性炭の臭い?

 

結論:日本で買うべし

箱の表示が全て日本語だったので、日本メーカーかと思いきや違いました。
おそらく、あえて日本語表示にして日本品質だと顧客に勘違いさせるテクニックなのでしょう。

また、タオバオの画面上ではPM2.5対応と表記されていましたが、実際に届いた商品にその表記はなし。
やられました。

結論、日本でマスクを大量に買って持って行くのがベスト。

 

関連:上海の空気、PM2.5濃度を調べる方法

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 2017年, 中国 生活, 中国お役立ち情報 ,