chiwate

日本語教師のブログ。上海生活、中国株など。

RSS Feed

日本人と中国人。婉曲的、直接的表現

      2016/07/27

 

日本語の記事

私はいま中国の大学で日本語講師をしています。
一年生と三年生のクラスを受け持っているのですが、学生たちからよく食事やピクニック、カラオケなどに誘われます。

これはとても嬉しいことなのですが、問題もあります。
つまり、私の身体は1つしかないのに対し、学生は120人もいることです。

さらに、私は性格的に断るのが苦手で、「嫌だ」と言うことがなかなかできません。

また、相手を傷つけたくもありません。
そのため、いつも「いいですよ。でも最近ちょっと忙しいので、またにしましょう」と返事をする。

もし相手が日本人であれば、これは遠回しに断られたのだと理解するでしょう。

しかし、私はいま中国にいるので、相手はみな外国人です。そのため、みんな私が承諾したと思うのです。

数日後、再び聞かれます。
「先生、最近はお時間ありますか。いつ一緒に遊びに行けますか」

その結果、私は汗をかきながら答えることになります。
「は、はい。それでは……今週末はどうですか」

早めに日本人の思考法を捨て去るべきでしょうか。
誤解しないでくださいね。私は本当に学生たちのことが大好きなんです。

(2013年10月24日の日記)

 

スポンサーリンク

 

中国語の記事

日本人很喜欢委婉的表达方式。结果......囧

2013年10月24日

我现在在大陆的一家大学当日文老师。
我有上一年级跟叁年级的课。
学生经常来约我一起去吃饭、郊游,卡拉OK什么的。
这是个很值得高兴的事情,但有一个问题。
就是说,我本身只有一个,我的学生却一共有120个人。
而且我的性格是没办法直接拒绝的那种。
不敢说不要这两个字。
不想让人伤心。
所以我每次都回答说: 好啊。但最近有点忙。改天去好不好?
如果对方是日本人的话,都会了解这是个委婉的拒绝。
但我人在大陆。对方都是外国人。
大家都以為我答应了。
过了几天大家都会再问我说:老师,最近有空吗?什麼时候一起出去玩?
结果,我不得不边冒汗边回答说:好…好啊。那麼…这个週末…好不好?
我应该要早点捨弃日本人的思考方法。

请你们不要误会。我真的很爱很爱我的学生。

 

スポンサーリンク

 

関連コンテンツ

 - 2013年, カルチャーショック, 中国 生活, 日本語教師