chiwate

日本語教師のブログ。上海生活、中国株など。

RSS Feed

中国の大学、教員宿舎の設備と画像

      2018/05/29

中国の複数の大学で日本語教師として働いた経験があります。
今日は教員宿舎について書こうと思います。

 

スポンサーリンク

 

中国の大学、家賃は無料

中国の大学に就職すると、原則、大学の中にある教員宿舎を無料で提供されます。

例外として、学外のマンションに住むこともありますが、この場合でも大学が家賃を支払ってくれたり、住居手当をくれたりします。

 

一方、中国人の教員が教員宿舎に住む場合は、自分で家賃を支払うことになっています。

外国人講師はかなり優遇されている気がします。

 

 

宿舎の水道光熱費、支払い

大学の教員宿舎に引っ越すと、その日から水道、電気が普通に使えます。
別途に契約する必要がありません。

 

水道光熱費の支払いは大学によっていろいろですが、外国人講師が全額支払うケースはほとんどありません。

  • 大学が全額負担する
  • 大学がある程度負担する

後者の方が多いです。

 

 

宿舎の間取り

教員宿舎の間取りですが、一人暮らしだと十分広いです。
家族で住むことを想定している間取りもあります。

  • 寝室
  • 書斎
  • リビング
  • キッチン
  • ユニットバス
    普通、シャワーのみで浴槽はありません
  • ベランダ
    洗濯を干すスペースです

 

宿舎の設備

教員宿舎の部屋の中には、必要な家具家電が最初からそろっているので、入居当日から普通に生活できます。

 

家具など

  • デスク
  • 椅子
  • 本棚
  • テーブル
  • ソファ
  • テレビ台
  • 下駄箱

 

家電など

  • テレビ
  • デスクトップ型パソコン
  • エアコン
  • 扇風機
  • 電子レンジ
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • 食器消毒器
  • 電気コンロ
    ガスコンロの宿舎もあり

 

スポンサーリンク

 

 

良いところ

教員宿舎の良いところを書きます。

  • 家賃がタダ
  • 壁が厚い
    防音がしっかりしており、隣室の話し声や物音などはほぼ聞こえません。
  • 広い
    天井も高く、のびのび生活できます。

 

 

不満なところ

宿舎で生活していると、気になるところが出てきます。
はっきり言ってしまうと、不満な箇所ですね。

  • 気密性が悪い
    古い宿舎だと冬とか寒いです。
  • ドアの開閉がスムーズにいかない
    新しい宿舎なら大丈夫ですが。
  • トイレに換気扇がない
    窓さえない場合も…
  • 照明が暗い
    これは自分で何とかできそう
  • 水回りが弱い
    これは中国の住宅全体に言えます

 

全体的に造りが雑、ということでしょうか。
でも、新しい校舎やリフォームした宿舎だとかなり快適です。

中国の大学の教員宿舎の場合、当たり外れの差が大きいと言えます。

 

就職する際、宿舎の快適さを事前に確認しようとしても、メールでのやりとりなので、十分に確認できません。

 

 

教員宿舎の写真

私が住んだことのある教員宿舎の写真をアップします。

 

中国の場合、外観はボロくても室内はそこそこキレイ、という教員宿舎が多いようです。

教員宿舎の外観

 

 

リビング

中国の大学の教員宿舎

 

 

寝室1

IMG_4681_1

 

 

洗濯機。ベランダに設置

IMG_4685_1

 

 

寝室2:来客用に使えます。

IMG_4686_1

 

シャワー室兼トイレ

IMG_4687_1

 

キッチン

IMG_4688_1

 

 

中国各地、いろんなタイプの教員宿舎があると思います。

他の大学の教員宿舎も見てみたいですね。

 

関連:上海の大学、教員宿舎の設備に感謝

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 2013年, 中国 生活, 日本語教師 , ,