chiwate

日本語教師のブログ。旅行、生活、中国株など。

RSS Feed

中国のSTARBUCKS、注文したらミニコントが始まる

      2017/02/07

私は以前、中国広東省の地方都市に住んでいたのですが、スターバックスが新規オープンしたので行ってみました。

 

スポンサーリンク

 

店内の雰囲気

店内はシンプルなデザインで1階のみ。
お客さんは少なく、店員もカウンターに一人いるだけ。

スターバックスのコーヒーは、中国の物価を無視した価格設定なので客層が限られます。

お金持ちの多い大都市だと混むかもしれませんが、このような地方都市だとゆったりとした空間が生まれ、リラックスすることができます。

 

⇒ STARBUCKS中国(星巴克中国官方)

 

注文する

カウンターにいる20代の男性店員に近づき、注文しました。

以下は中国語でのやりとりです。

 

私 :カプチーノ、一つください。
店員:こちらのドリンク、オススメですよ。

と言いながら、クリームがたっぷり載っている飲料メニューを見せてきた。

私 :いえ、いりません。
店員:こちらのオススメドリンクはクリスマスまでの限定商品ですよ。
私 :そうですか。でも、私はカプチーノが飲みたいので。

 

店員:STARBUCKSの会員カードはお持ちでしょうか。
私 :いえ、ありません。

店員:こちらですぐに入会申込みできますが。
私 :いえ、大丈夫です。

店員:いま入会すれば、~の特典があり、ポイントも付きますよ。
私 :いえ、いりません。

 

店員:……。カプチーノですね?
私 :はい。(その間は何?笑)

 

店員:カプチーノは、砂糖が入っておらず苦いですよ。そして、上にミルクの泡が載っているコーヒーですが……。
私 :は!?(なぜ突然カプチーノの説明を始めるの!?)

 

店員:それでもよろしいでしょうか。
私 :……知ってます。カプチーノで。

 

 

中国の地方都市にあるスタバでのカルチャー・ショック、というか奇妙な体験でした。

 

あの店員、ミニコントがしたかったのかなあ。

  • ビートたけしのこんな喫茶店は嫌だ
  • ドリフターズのもしもシリーズ

 

無事にやっと出てきたカプチーノはしっかりスターバックス品質、そして待たされた(じらされた?)だけあってとてもおいしく感じました。

私、短気じゃなくてよかった。

 

関連:中国広州で雰囲気のいいオススメSTARBUCKSは沙面

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - カルチャーショック , ,