chiwate

日本語教師のブログ。上海生活、中国株など。

RSS Feed

新HSK5級を中国で受験。試験官の対応に驚く

      2018/12/02

私がまだ中国にいたころのお話です。

2012年に中国の大学で新HSK5級を受験しました。HSK6級と迷いましたが、レベル的に確実に合格できると見込んで5級にしたのです。

 

現地での受験はカルチャーショックというか、とにかくおもしろい体験だったので、ここに書いておきます。

 

以下、文中の会話はすべて中国語です。

 

HSK申込みから受験までの流れ

  • ネットで申し込み

・受験地を選ぶ
・写真をアップロードする
(自分でデジカメで撮った写真でOK)

  • 受験料支払い

現金を受験地の大学まで持って行きました。
領収書を受け取ります。

  • 受験

 

スポンサーリンク

 

HSK 試験会場の様子

大学に行くと、各国の受験生が集まっており、国際色豊かで賑やかでした。

 

教室内はこれから試験という雰囲気ではなく、15人くらいの外国人が楽しくおしゃべりしています。

 

しかし、確認してみるとそこは新HSK4級受験の教室とのこと。

 

新HSK5級の教室は隣でした。

 

各席にパソコンが置いてある教室に入ると、中東系の男性が一人いるだけ。

 

(あれ? もしかして5級受験は二人だけかな)

 

その男性と中国語で話してみると、ヨルダンからの留学生でした。

 

「4級を申し込んだつもりだったのに、なぜか5級になってた。リスニングは大丈夫だけど、読解が苦手。自分にとっては難易度が高いかも」と話していました。

 

確かに漢字を一から勉強するって大変だろうなあ、と思います。

 

そして、今回この試験会場では新HSK6級の受験者はいないとのこと。
はやり6級だと難易度が急に上がるので、敬遠されているのでしょうか。

 



 

試験開始

試験開始ギリギリになって、大学の先生っぽい中国人男性が教室に入ってきました。

 

バタバタしながら問題用紙を配られ、試験開始。やはり5級の受験は二人だけでした。

 

パソコンを使ってのリスニングがトラブルもなく終了。順調に問題を問いていくと、終了時間ギリギリに何とか解き終わりました。

 

通路を挟んで左側に座っているヨルダン人を見ると、必死に書き込んでいますが、明らかに間に合わない様子。

 



 

試験終了、試験官の対応に驚く

ジリリリリリ

 

無常にも終了のベルが鳴る。
試験官が我々に近づいてくる。

 

その時! ヨルダン人の懇願するような声。

 

「あと3分……」

 

(ああ、かわいそうに。やはり間に合わなかったか。でも、試験だからしょうがないよな。)

 

哀れんでいると、試験官からまさかの一言!

 

「いいよ」

 

(ウソでしょ!?)

 

声を出しそうになりました。しかし、試験官の表情を見ると本当っぽい。

 

(じゃあ、私ももう一回見直しをしようかな)と思っていると、

 

「君は終わったみたいだね」と試験官に言われ、答案用紙を持って行かれました。

 

「え!?」

 

と今度は声に出ましたが、試験官の注意はすでにヨルダン人に向いてます。

 

しぶしぶ教室を出て休憩していると、10分たってもヨルダンは出てきません。

 

ねばってるなあ、ヨル。

 

というか、中国の試験官これでいいのか?(笑)

 



 

HSK 試験結果

後に、彼から「ギリギリで合格した」と連絡が来ました。私も合格しました。

 

合格結果はインターネットで確認できます。成績通知票は試験会場で受け取れます。

 

「イスラム教の規則が厳しすぎるから国には帰りたくない。ずっと中国にいたい」と言っていたヨルダン人。いまも中国でがんばっていることでしょう。

 

以上、中国でHSK5級を受験したら驚いた、というブログ記事でした。

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - カルチャーショック, 中国語の勉強 , ,