chiwate

日本語教師のブログ。上海生活、中国株など。

RSS Feed

中国の大学で働く台湾人講師

      2018/12/02

中国の広東省の大学で講師をしています。

外国人の教員は全部で約30人。いろんな国から来ているようですが、私はほぼ接点がありません。特に積極的に交流しようとも思っていませんね。

でも、新しく来た台湾人講師はおもしろそうな人なので、仲良くなれそうです。

その台湾人と知り合ったお話です。

 

スポンサーリンク

 

大学のクリスマス・パーティー

大学の外事部が外国人講師を一同に集めてクリスマスパーティーを開きました。

 

約30人の外国人講師のうち、ほとんどが欧米人。欧米のノリについていけないので、出席を見送ろうとしたのですが、外事部の強い押しに負けて出席することに。

 

会場は高級ホテルの上層階。食事も豪華だったので参加してよかったかもしれません。

 

場が和んでくると、音楽の先生がグランドピアノを弾き、そのまわりに欧米人講師が集まって歌い始めた。片手にワインを持って。

 

(映画っぽい光景だな……)
その輪に入れず、遠くから眺める私。

 



 

台湾人講師

ふと横を見ると、私と同様に時間を持て余しているアジア人男性がいました。

 

(中国人の先生かな)
と思って中国語で話しかけると、発音や物腰が台湾人っぽい。

 

「もしかして台湾人ですか?」
「はい、この大学には来たばかりです。」

 

まさか中国の大学で台湾人が講師をしているとは。
この大学で台湾人講師を雇ったのは初めてとのこと。

 

しかし、日本人や欧米人の教員と違って、彼は外国人講師という扱いではないらしいです。彼の給料は普通の中国人よりも高いので、香港・台湾枠というのがあるのかもしれません。

 

お互い独身で年齢も近かったので話が合い、その後一緒に遊ぶ機会が多かったです。

 

この台湾人講師もかなりおもしろい人物なので、彼のエピソードはまた別の機会に書きます。

 

関連記事:厦門から金門島へ。フェリーでの行き方と時刻表

 

スポンサーリンク

 

関連コンテンツ

 - 2014年, 中国 生活, 日本語教師 , ,