chiwate

日本語教師のブログ。旅行、生活、中国株など。

RSS Feed

中国のセブンカフェ。値段、味、満足度は?

      2018/03/03

中国にも日本のコンビニが進出しています。
ファミリーマートが多いような気がしますが、ここではセブンイレブンのコーヒーのお話。

 

スポンサーリンク

 

セブンカフェとは

セブンカフェは、セブン-イレブン・ジャパンが2013年1月から展開しているコーヒーブランド。
SEVEN CAFÉとも表記される。

出典:Wikipedia

⇒ セブンカフェ(日本公式サイト)

 

 

中国のセブンイレブン店舗数

中国のセブンイレブン

セブンイレブンは中国でどれほどの店舗数があるのでしょうか。
百度地図で7-11を検索(2017年)した結果、以下のような数字が出ました。

 

中国都市部

  • 北京市(231店舗)
  • 上海市(63)
  • 广州市(208)
  • 深圳市(106)
  • 佛山市(64)
  • 天津市(63)

その他地区

  • 四川省(54店舗)
  • 山东省(36)
  • 广东省(33)
  • 香港特别行政区(19)
  • 重庆市(8)
  • 江苏省(4)
  • 澳门特别行政区(2)
  • 福建省(2)
  • 湖北省(2)
  • 安徽省(1)
  • 湖南省(1)
  • 吉林省(1)
  • 山西省(1)
  • 云南省(1)
  • 浙江省(1)

 

スポンサーリンク

 

 

中国のセブンカフェ、味と値段

中国のセブンカフェでコーヒーを注文してみました。

  • 中国語名:现磨咖啡xianmo kafei
    意味:その場で豆をひいたコーヒー
  • 英語名:DAILY CAFE
  • 値段:
    5元(普通サイズ)
    7元(大サイズ)
    (1元=17円)
  • 味:美味しい
  • 注文の仕方:
    中国語で“我要一杯现磨咖啡”とレジの店員に言う。
    中国語ができない場合は、レジの奥にあるコーヒーマシーンを指差せばOK。

飲んでみた感想ですが、香りも味も満足。
個人的に普通においしいコーヒーだと思います。

今後さらにスターバックスから足が遠のきそう。

 

中国のセブンカフェで注文したコーヒー

 

 

日本と中国のセブンカフェ、比較

日本でもセブンカフェはよく飲んでいたので、中国との比較。

  • 値段
    日本:108円
    中国:5元(約85円)

  • 日中でほぼ同じですが、中国の方が濃いように感じました。
  • サービス
    店員のサービス態度は日本が上。
    中国では、砂糖やクリームなどは自由に取ることができず、店員が必要かどうか聞いてくる。
  • 注文と受取り
    日本では、レジでカップを買って自分でマシーンを使う。
    中国では、注文すると店員がカウンター内で淹れてくれる。
  • カップ
    日本の方が保温性あり。

日本のコンビニには中国でも助けられています。
さらなる進出、拡大を期待しています。

 

関連:中国のコーヒー、スタバとファミマの味比べ

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - グルメ(美食) ,