chiwate

日本語教師のブログ。旅行、生活、中国株など。

RSS Feed

中国国内の引越し。荷物を送る2つの方法

      2018/07/02

以前中国で生活していた時、江西省から広東省に引越ししました。

男の一人暮らしなので荷物はそんなに多くなかったのですが、さすがに全部自分で持っていくのは無理な量です。

そこで、配送業者を使って送る方法を調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

中国国内の引っ越し方法

荷物を中国国内間で送る方法は、主に二つあります。

  1. 郵便局
  2. 宅急便業者(快递kuaidi)

中国人の知人によると、快递の方が物の扱いが丁寧とのこと。
荷物を整理してダンボールや袋に詰め込み、快递の事務所に持っていきました。

 

快递の業社はたくさんありますが、以下のサイトが便利でいろいろ調べられます。

⇒ 快递100

 

スポンサーリンク

 

注意点

携帯電話の番号

一番大事なポイントだと思いますが、中国で荷物を送る場合、伝票に受取人の携帯番号を書きます。

 

なぜなら、配達人が携帯電話のSMS(ショートメール)を使い
「~にいるから取りに来て」
と受取人に連絡するからです。
直接電話してくることも多いです。

 

なので、受取人の携帯電話の番号は最重要です。

 

梱包

中国国内で荷物を送る場合、自分で完璧に梱包する必要はありません。
というか、むしろ自分で梱包しない状態で業社に持って行ったほうが方がいいと思います。

 

送りたいものを紙袋とかビニール袋に適当に詰めて持っていけば、快递の職員がしっかりと梱包してくれるからです。

 

包装の過程で、どんな荷物なのか中身をチェックされます。
そして、貴重品や危険物など、送れないものや送らない方がよい物はその場で返却されます。

 

中国語

職員とのやりとりは、中国語ができなくてもなんとかなります。

 

(荷物を送る)
という共通の認識がありますので。

 

伝票を書いた後も、私は職員が梱包し封をするまでちゃんと隣りに立ち、無言で見ていました。

 

 

配送料金

2013年の情報です。
伝票に送り主と受取人の情報を記載し、料金を支払いました。

 

重さ30キロで料金70元。
(当時のレートで約1,200円)

かなりの分量でしたが、驚きの安さです。
日本と比べてはいけないのですが。

 

江西省から広東省までは、2~3日で届くとのこと。
(無事に着いてほしいなあ)
という気持ちでしたが、

 

(中国だから何かトラブルありそうだなあ)
という諦めの気持ちがあったことも事実。

 

⇒ これが中国のスリの手口。中国でのスマホ盗難対策
⇒ この人民元、偽札ですか?/這是假鈔嗎?

 

 

配送の状況と結果

荷物は無事に広東省に届きました。

 

包装が汚れたりボロボロだったりと、手荒に扱われた形跡はあるものの、紛失した物や破損した物はありませんでした。
これは本当に嬉しかったです。

 

なので、貴重品以外は配送業者をどんどん使っていいと思います。

 

 

オススメの宅急便

2018年現在、中国で最もオススメできる宅急便は「順豊」です。
これは、私の中国人の知人友人が口を揃えて言っているので間違いありません。

顺丰速运(公式サイト)
http://www.sf-express.com

 

なぜ順豊はそんなに人気なのか。

 

信頼性が高い。
つまり、確実に安全に荷物を届けてくれるからです。

 

配達される荷物量がものすごく多い中国では、これがなかなか難しいのです。

 

値段は、他の宅急便より少し高いです。
でも、本当に大事な書類などを送る時、中国人は順豊を選択します。

 

以上、参考になれば幸いです。

 

関連:中国で国際線の航空券を便利に安く買う方法(ネット予約・購入)

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 中国お役立ち情報 , ,