chiwate

日本語教師のブログ。旅行、生活、中国株など。

RSS Feed

中国在住者がパスポート更新。銀行で本人同一証明書は必要か

   

中国で生活しています。

先日、期限切れによりパスポートを更新したため、パスポート番号が変わりました。

すると、中国建設銀行のネットバンク上での振込み機能が使えなくなってしまいました。

本人同一証明書と銀行に関して調べて行動したので、情報をシェアします。

 

スポンサーリンク

 

本人同一証明書とは

前旅券と現在の旅券の所有者が同一人物であることを証明する書類です。

在中国の日本大使館や領事館で発行してもらいます。
有料。

  • 使用目的:公的機関及び金融機関から諸手続きに必要として提出を求められた場合
  • 提出先:外国の公的機関、金融機関(銀行、不動産、査証の手続き)
  • 書式:中国語
  • 条件:本人名義の有効な日本国旅券を所持していること
  • 必要書類:全て原本
    ①現在有効な旅券
    ②証明対象となる有効期限切れの旅券(紛失した場合は不要)
    ③申請書(当館でも入手可。) 記入例はこちら
  • 代理申請:不可
  • 手数料:115元
  • 備考:提出先が外国の公的機関、金融機関(銀行、不動産、査証の手続き)以外の場合は、発給(審査)に時間を頂く上、発給不可となる場合もあります。

出典:在上海日本国総領事館
http://www.shanghai.cn.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

顔写真がついているので、外見に大きな変化がない限り本人同一証明はいらないと思うのですが、役所や金融機関は書類を重視するので仕方がないですね。

 

 

パスポートの期限切れ、中国の銀行の手続き

中国の銀行口座を開くときはパスポートを提示します。

今回、パスポートの期限が切れたのですが、それでも問題なくキャッシュカードは使えます。

一方、できなくなることもありました。

 

パスポートの期限切れでもできること

  • ATMでの引き出し、入金
  • ネットバンク上での定期預金契約、解約

 

できなくなったこと

ネットバンク上での他口座への振込み

これは困りました。
ネットバンク上で資金を動かすことがあるので。

つまり、普通にキャッシュカードでの引き出しや入金をするだけなら、パスポートの期限が切れても不便はないと思います。

しかし、期限切れの状態をいつまで放置してよいのかは不明です。

 

スポンサーリンク

 

 

建設銀行でパスポート番号を変更してもらう

ネットバンキングを普通に使えるようにしないと生活に支障が出るので、建設銀行へ行ってきました。

 

広東省の支店

「パスポートが新しくなったので、番号を更新してほしい」
と伝えました。

結果:本人同一証明書が必要

 

親切な職員Aがいて、いろいろな方法を提案してくれましたが、その提案を職員Bがことごとく却下し「本人同一証明書」が必要の一点張り。

職員Bも申し訳なさそうな顔をして説明していました。
やはり、原則は本人同一証明が必要なのでしょう。

 

上海の浦東新区の支店

作戦変更。

「上海で使う新しいキャッシュカードを作ってほしい」
と伝えて新しいパスポートを渡しました。

さらに
「このキャッシュカードも持っているんだけど……」
とこれまで使っていた建設銀行のカードを手渡しました。

窓口の職員がパソコン上で何やら調べています。
「このキャッシュカードを作った時のパスポート番号といまのパスポート番号が違うわね」

私「パスポートの期限が切れたので変わったんです」

職員「番号、こちらで変更しておきましょうか?」

私「はい」
(できるの?)

 

結果:できました。
パスポート番号の切り替えに本人同一証明書は不要でした。

 

当所要時間は30分ほど。
何度かサインしたり、暗証番号を入力したりしました。

 

中国では支店または窓口が変わると対応が変わることがよくあります。

都市圏だと同じ銀行の支店がたくさんあるので、2つか3つくらい行ってみるのも一つの手だと思います。

 

 

網銀盾も新しくなった

建設銀行の銀盾

上が古い網銀盾、下が新しいもの

 

中国建設銀行でネットバンキングをする場合、網銀盾というものが必要です。

中国語名:网银盾wangyindun

 

ネットバンキングの取引きを確定させる必須アイテムです。

「網銀盾を新しいものにしないといけない」
と言われたので、30元の手数料を支払い、新しいものに取り替えました。

 

注意点

網銀盾を受け取ったら、その銀行支店の中にあるパソコンを使って激活jihuoという処理をしなければいけません。

有効化して自分のパソコンで使えるようにするのです。

password種類を自分で決めましょう。

  • ネットバンキングにログインするためのパスワード
  • 取引きを確定させるためのパスワード

 

網銀盾の使い方

  1. 自分のパソコンのUSBに差し込む。
  2. パソコン上で資金の移動を操作する
  3. 網銀盾の液晶画面に出た文字を確認し「確定」ボタンを押す。
  4. 取引きが確定する

日本領事館に行かなくてすんでよかったです。
時間とお金を節約になりました。

建設銀行のお姉さん、どうもありがとう。

 

関連:定期預金金利、中国と日本を比較2017年5月

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 中国お役立ち情報 , ,